東京ディズニー年間パスポート〜新デザイン〜

先日東京ディズニーリゾート年間パスポートの新しいデザインが発表されました。
年間パスポートの概要とともに、新デザインについて書いていきます。

年間パスポートはまた値上げされますが、私は更新します。

年間パスポート

対象パークを1年間楽しめるパークチケット

①ディズニーランド年間パスポート
②ディズニーシー年間パスポート
③2パーク年間パスポート(同日で2パーク入園可能)

と3種類あります。

※どの年間パスポートも入園制限中のパークは利用できません。

また、東京ディズニーリゾートは年間パスポートの特典はありません…

価格

現在の価格は以下になります。

年パス種類 大人(12歳以上) 小人(4~11歳) シニア(65歳以上)
ランド 62,000円 40,000円 52,000円
シー 62,000円 40,000円 52,000円
2パーク共通 91,000円 57,000円 76,000円

4月1日から以下の価格になります。

年パス種類 大人(12歳以上) 小人(4~11歳) シニア(65歳以上)
ランド 68,000円 4,0000円 58,000円
シー 68,000円 40,000円 58,000円
2パーク共通 99,000円 57,000円 85,000円

価格だけを見ると高い!!という印象ですが、単純計算1年に13回、1ヶ月に1回程行けば元は取れます

私は大阪に住んでいた頃毎月行っていたので、その頃から年間パスポートを所持しています。

料金改定比較

小人価格:変わりません。
大人価格:
指定パーク⇒+6000
2パーク共通⇒+8000
シニア価格:
指定パーク⇒+6000
2パーク共通⇒+9000

除外日

年間パスポートには除外日があります。
「この日は年間パスポートでは入れないよ」という日ですね。

2020年度の年間パスポートの使用不可日は以下になります。

除外日
3月 28・29日
5月 2・3・4・25日
7月 24・25日
8月 11・12・13日
9月 19・20・21日
10月 10・11日
11月 16・21・22日
12月 5・6・28・29・30日

2020年度は除外日が24日間あります。
2021年度は3月までに除外日が3日間あるので、1年間で約27日間除外日があるということになります。

なので実際のところ年間パスポートというより約11ヶ月パスポートになりますね。

年間パスポートデザイン

毎年デザインが変わるというのも楽しみの一つです。

現在のデザイン

*2020年3月31日までに作成
①ディズニーランド年間パスポート

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

②ディズニーシー年間パスポート

③2パーク年間パスポート

新しいデザイン

*2020年4月1日以降の作成
①ディズニーランド年間パスポート

②ディズニーシー年間パスポート

③2パーク年間パスポート

一年振りの実写デザインですね。
現デザインは諸事情でイラストとなっていますが、これはこれで可愛いと思います。

でもやっぱり実写デザインの方が私は好きです。

ただ1カードにつき1キャラクターになってしまったのが寂しいです。

少しでも安く購入するには…

実際の販売価格から安く購入するという方法はありません。

ただ

【方法】と表現できる程ではありませんが、価格改定を利用し購入するのはオススメです。
といっても…値上げ前に購入するというだけなので、気持ちの問題にはなってしまいます。

でも次を比較してみてください。

①2020年3月31日に年パスを購入
価格:91000円
期間:2020年3月31日~2021年3月30日
②2020年4月1日に年パスを購入
価格:99000円
期間:2020年4月1日~2021年3月31日

①と②は期間でいうと1日しか違いません
でも価格でいうと8000円も違うんです!!

私はこの差は大きいと思います。

しかし、この方法を利用するには3月31日までに年パスを購入する必要があります。

「利用するのは新生活が落ち着いてからが良いなー。」
「GW明けてからが良いなー。」

という方が中にはいらっしゃると思います。

そのような方にオススメしたいのが年間パスポート引換券の購入です。

引換券を購入する=年間パスポートを作成するための権利を得る」ということになるので、引換券購入時の価格が適応となります。

以下が例となります。
3月末までに引換券を91000円で購入

4月15日に引換券を利用し年間パスポートを作成

とすれば料金改定前の価格で4月以降も年間パスポートが作成出来るということですね。

4月15日に通常の形で年間パスポートを購入すると99000円かかってしまいます。
同じ利用期間にも関わらず購入金額に8000円も差が出るということです。

・パスポートデザインは作成時のデザイン
・引換券の有効期限は購入日から2ヶ月間

気持ちの問題にはなっていまいますが、私自身は「少しでも安く!!」という思いが強いので
情報をお伝えできればと思い記事に書かせていただきました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です